Video: Sights and crafty interviews at Maker Faire Detroit

Here’s a quick video of some the sights and people we found at Maker Faire Detroit.

You may also like...

2 Responses

  1. 色は、この腕時計で新しいことを唯一のものでない:リンデやり直しのダイヤルを持って、5層からなる上部層、さらに白骨化されている。この月のより多くの相は10、11時位置で着用者によって見られるのを許します。また、lwなくなると彼らは合金リンデと呼んでいますが、「航空宇宙材料」を作成しました(または「alw」)。その音は少しあるかもしれない間、リンデによってチタンの半分の重さと鋼の強度が2倍になった。材料は、以前は「無色」の形で使用されているが、リンデの白い背景の上に、光を吸収するとタコの色を変更する方法を模倣することを意図します。我々がどのようにすべての人にこれを翻訳するのを見ます、しかし、それは本当ですが、リンデの商標の角の場合このクールでむしろ衝撃的に見えます、薄い灰色の色。 http://www.bagkakaku.com/vuitton_bag/2/N55213.html

  2. 我々が含まれるulychocシステムのいくつかのイメージと、成功したならば、そのような技術の家に将来にその方法を見つけることができましたユリスナルダンの動き。理由は、ユリスナルダンを与えるこのバージョンでは、フリークの家族を見ているの」freaklab」は、おそらくフリークだけでなく、非常にユニークで面白い製品を提供することについてであるという誰にでも思い出させる名であるが、また、新しい技術を試験するための実験室として機能する。ユーレッセナーディン最近行った独立した会社であることから本当に揺らぐと私は、より大きな会社の所有権は、これまでにクールル・ロックルの下でその望みによって購入されるまで、 ウブロ時計コピー スイスの時計屋は、その野心的な努力をベースに忠実なまま、後期の所有者ルドルフ・シュナイダーは、2011年に渡された人として悲しいことにより実現した。 http://www.newkakaku.com/xinb1.htm

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *