Stitching On Deadline: My ArtPrize Quilt Continues To Slowly Taking Shape

This is what my ArtPrize quilt looked like yesterday morning. It was a box of 127 hand-stitched, paper-pieced hexagon blooms organized by color. (Note that navy blue dominates this box of blooms created using ties donated by prominent men in West Michigan.) I stitched the last 14 blooms at 35,000 feet flying to Seattle and back. I’m not a big fan of air travel, so the project was a great distraction.

I’ve been up late the last two nights stitching and working to create a cohesive designed using a completely random mix of tie fabrics. It’s been a fun challenge. In an effort to avoid going cross-eyed, I boxed up the blooms and headed to a friend’s house yesterday morning for a color consult and brainstorming session.

Together we sorted the blooms into the five most visually pleasing piles we could create and kicked around some possible design options. I headed back home to stitch with renewed energy. I never have all the answers and very thankful to know people who have skills that compliment mine. (Thanks Cyd!)

The design of the quilt is still evolving which is part of the fun. (Above is a photo of the messy back of blooms that have been stitched together. This won’t be visible when the quilt is done, but I always find the reverse side intriguing.) I’m sewing it in smaller sections so I can manage it all without losing my mind. I’m try to working continuously on the project until it’s done because it’s important that I finish it soon to meet my deadline, rediscover the surface of my dining room table and resume my normal life.

I kind of got swept away by this charity quilt project to benefit a local women’s shelter, at times neglecting to immediately attend to my family, business and other concerns. So I’m carrying a bit of guilt about the amount of time I’ve invested which is all the inspiration I need to finally GET IT DONE! Many thanks to my family for putting up with the messes I’ve made throughout this process and hugs to all people who have pitched in to help. Thank you so much!

Okay, time to get back to work. I’ll post another update soon. In the meantime I’m going to focus on making the best quilt I can.

You may also like...

8 Responses

  1. 楽器を演奏するとき、あなたは音を1つだけ出すわけではありません。さまざまな音を続けざまに出していき、それが音楽の流れをつくります。また、単に音が連続していればいいわけではありません。音楽とは、音同士がつながって、首尾一貫した楽曲を形成することなのです。 http://www.okakaku.com/brand-1-copy-2-cheap-0-max0-attr0.html

  2. 一方、ライヒヴァインは、ナチの厳しい監視の目を巧みなカモフラージュでかわしながら、ティーフェンゼーで理想の教育を追求しました。その活動の記録は、とくに2冊の本にまとめられています。ひとつが1937年の『創作する生徒たち』、そして翌年の『学校の映画』です(ここでも彼は、叙述表現に最大限の偽装言語=ナチ用語でカムフラージュしている)。 http://www.msnbrand.com/goods-copy-4782.html

  3. トークセッションの後半では、takram design engineering代表の田川欣哉氏と、ITジャーナリストの林信行氏が登場。「音と光と空間の可能性と、体験のデザイン」をテーマに、Life Space UXの可能性や今後について、宮崎氏を交えて語り合った。田川氏はLife Space UXの製品について「インテリアに溶け込むということと、その技術的制約を上手く落とし込んでいるところが特徴的」と指摘。林氏は「20世紀的な家電とは別物。これまでの家電は便利さを追求しすぎていた。これからは家電と生活の在り方、豊かさにもっと注目が集まるといい」と話した。 http://www.bagkakaku.com/vuitton_bag/2/N51207.html

  4. 分析哲学とは、20世紀初頭に生まれた哲学の一動向である。初期は主に概念や言語使用の分析を行う学問として発展してきたが、今では認識論や科学哲学などと結びつきつつ、主題、手法ともに多様化している。この定義や論証の厳密性を重視する傾向が強いなど(こうした特徴は、フランスなどの「大陸系」哲学やアジアの伝統的哲学などと比較した時につよく浮かび上がる)、論述スタイル上のいくつかの特徴はいまでもおおまかに共有されてはいるが、もはや分析哲学を厳密なしかたで定義することは非常に難しいというのが実情だ。 http://www.ooobrand.com/about/index.html

  5. 昨年11月、『ヒトラーに抵抗した人々 反ナチ市民の勇気とは何か』と題された本が出版された。そこに描かれているのは、ヒトラー独裁に至る当時のドイツの経済情勢と、ナチ体制の経済的受益者としてヒトラーを支持した国民たちの姿、そして、自らの意思に基いて、命を顧みずヒトラーに抵抗した、さまざまな市民たちの勇気に満ちた活動内容と、その遺族たちの戦後だ。わたしたちが本書に出合ったのは、最新号「音楽の学校」特集の製作まっただ中、音楽を通して「これからの教育」をとらえようとしていたときだった。 http://www.newkakaku.com/xinq6.htm

  6. ブルガリLVCEAシリーズ計12種類の風格:両方の経典の精鋼項は、贅沢な密镶钻バラの金金。この多元シリーズも含めて多くの精鋼とバラの金金バランス表。違う表項もダイヤモンドの輝き輝きや真珠母貝の柔らかな美しさを見せている貴重な質感で。IWCコピー時計他の表の縁取りローマ数字はXIIビィーを見せていると、蘊はブルガリ血統の古ローマ元素。細部の小さな差が発生的な視覚悪くて、私が三項の腕時計抜群。 http://www.fujisanbrand.com/watch/chanel/index_6.html

  7. あなたが持っている控えめなロゴの上の12時のスムーズな広がりをバラバラにして、日付表示の上に3時に、スモールセコンドダイヤルの下の6時。視覚の関心の1つのビットは、このサブダイヤルで60赤で印刷されているがポップアップします。 スーパーコピーガガ・ミラノ時計 彼らは、パワーリザーブ表示を含むために使われる大きなダイヤルを持っていることができる間、彼らはその代わりに、それは運動の裏に場所を選びました、そこで、それはサファイアの可視表示を(サファイア結晶としてのフロントがあります)。 http://www.ooobag.com/wallet/louisvuitton/index_6.html

  8. 1375年の個々のコンポーネントから成ると立っている約60センチメートル(約23 . 5インチ)背のユニークなコンスタンチンchaykinコンプトゥスの復活祭の時計は確かに属しました―これまで最も複雑なクロックのうち、実際には、最も複雑なロシアのクロックに応じて、chaykin。40才のロシアの時計屋、宗教のために、すべてのその形で、そして、彼らの異なるカレンダーと象徴性は、特に、本物の情熱です。 モンクレールスーパーコピー これは、彼の前のクロックとキリスト教の、ヘブライ語で腕時計に反映される、とイスラムのシンボルとカレンダー。 http://www.bagkakaku.com/vuitton_bag/2/N55213.html

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *